ドイツのコーヒータイム

玄関を開けると漂ってくる甘いケーキの香り……

素敵なお友達と美味しいケーキを食べながら過ごす時間

そこにあるのは、ほんの少し忙しい日常から離れた癒しの空間と
やさしいひと時

SALON CONCEPT

お茶会スタイルのケーキ教室で、ドイツの伝統的なケーキや、おもてなしにピッタリのケーキ作りを学びませんか? 美味しいお茶と楽しいおしゃべりで、ドイツの文化や習慣、おもてなしマナーも学べるサロンです。

日常的に家庭でケーキを焼くドイツ人。大人も子供も男性も、ケーキが大好き! そんなドイツ人の家庭に嫁いで15年以上のウィール美恵が、気軽に、でもおしゃれでエレガント、そしてスマートにケーキを焼く秘訣をお教えします!

元々お菓子作りが趣味だったウィール美恵。ドイツ人義母から伝統的なドイツ菓子を学び、家族のためにお友達のために、そして自分へのご褒美に、ことあるごとにケーキを焼いてきました。 伝統的なレシピに家庭ごとのオリジナルのエッセンスを加えるのがドイツ流。 ウィール家でも、フランス人やイタリア人のお友達から学んだコツや、日本のケーキ教室直伝のノウハウを取り入れた“美恵流ドイツケーキ”が大好評。

難しいことはありません。ドイツのマダム(主婦)たちが家庭で普通にやっていることです。 あなたもお気に入りの“わたし流”ケーキを見つけませんか?

About
教室&サロン紹介

教室について

クーヘン・ザローン 美恵は少人数制のサロンスタイルのケーキ教室です。

ドイツの伝統菓子やケーキを中心に、欧米の人気ケーキや季節のおもてなし料理を、ウィール美恵ならではのオリジナルレシピでご紹介します。

デモンストレーションの後は、楽しいティータイムで寛いでいただきます。

マナー教室やスタイリング教室などとコラボレーションすることもあり、参加された皆様に喜んでいただける様々な教室をお届けします。

教室事例

定番のケーキの他、季節に応じたケーキも作っています

  • コラボレッスン『ドイツ伝統菓子とパーティーマナー』>>
  • 「ドイツ式クリスマスおもてなし」教室>>
  • 「アメリカンアップルパイ」教室>>
  • 「ラム酒の香るバニラビーンズパウンドケーキ」教室>>
  • 現在募集中の教室はコチラからご確認ください>>

教室風景

ドイツ式テーブルセッティングを済ませたダイニングで、今日のレシピについて簡単にご説明を。

初めて参加される方も、お一人で参加される方も、皆さんすぐに打ち解けて和やかな雰囲気になります。

ケーキ作りのデモンストレーション中は、皆さん熱心にメモしたり、写真を撮ったり。

お店では手に入らない、家庭の優しい味。それが手作りケーキの良さです。

試食タイムではいつもお喋りに花が咲きます。

ケーキのこと、ドイツのこと、子育てのことから恋愛の話まで(笑)

午後の楽しいひと時です。

参加してくださった皆様がほっこり笑顔になる。

ここはそんなサロンです。

Schedule
教室スケジュール&お申込

教室スケジュール

教室スケジュールは、以下facebookページをご覧ください。

お申込方法

以下何れかの方法でお申込ください。

  • facebookイベントページの参加ボタンをクリック>>
  • クーヘン・ザローン美恵FBページよりメッセージ>>
  • info@ks-mie.comにメール

追ってご参加確認のご連絡をいたします。

My Dream
ウィール美恵の夢

My Dream 1
ケーキ作りの楽しさを伝えたい

ドイツ人の義母は本当によくケーキを焼いていました。 季節のフルーツを使ったもの、チョコレートでコーディングされたもの、焼きっぱなしで上に粉糖だけをパッパッと振りかけたものなど……いとも簡単に作ってしまうのです。 まるで、日本のおばあちゃんが煮物を作るように。 よく作るケーキは目分量で作っていました。経験のなせる技なのでしょうね。

義母は私たちの結婚式に、約80人のゲスト用に10個以上の大きなケーキを作ってくれました。 大きなケーキを10個以上も一人で作るなんて、さぞ大変だろうなと思いましたが、義母の姿は活き活きとしていて、とても楽しそうでした。

夫の子供の頃の写真にはたくさん、義母のケーキも一緒に写っていました。 家族の誕生日、人を招いたとき、何かお祝い事があったとき、クリスマスやイースター。 そこには、夫と家族、友人たちの笑顔と一緒に、必ず義母のケーキがあったのです。

いつしか私も、「子供には自分で作ったケーキを食べさせたいな」と思うようになりました。 そして、今では子供と夫の誕生日や特別な日には、私の手作りケーキは欠かせないものになりました。

義母がそうであったように、ドイツ人は本当によく家でケーキを焼きます。 ケーキはドイツ人にとってとても大切なもの。ことある事にケーキを焼くのです。 特別な日はもちろんですが、ゲストを家に招いた時、お友達の集まりや学校の行事、バーベキュー。ちょっとしたことでもケーキを焼きます。 そしてそのどれもが、豪華なデコレーションはなくても、とても美味しいのです。

私はこれらのケーキにどれだけ助けられたかわかりません。 ちょっと疲れているときに食べた義母のりんごのケーキの美味しさ。 子供がお誕生日会にお呼ばれして、時間ギリギリに慌てて迎えに行ったとき、 「どうぞ上がってケーキでも食べていって」 と、そこのご主人が焼いてくれたケーキが何とも言えず美味しく、ホッとしたことなど。 忘れられない思い出です。 家で作った、ホッとする美味しいケーキというのは、けしてお店で買える味ではないのです。

 

外に行けば美味しいケーキは山ほどあって、簡単に手に入りますよね。 だからこそ、わざわざ手作りをすることはとても贅沢だと思うのです。 ケーキを作るときは、材料を準備して、正確に計量して、手順を間違えないように集中して作ります。 そして、その後やって来る、オーブンから漂うとてもいい香りが家中に広がる時間……。 何とも言えず幸せな気分になれます。 一人で黙々と準備をしてケーキを作ることは、私にとって最もリラックスした時間なのかもしれません。 そして、それを家族やお友達に食べてもらって、「美味しい」と言ってもらえることの嬉しさ。 こんなに楽しく幸せなことはありません。

私は、この楽しさを多くの方に知ってほしいと思っています。 ちょっとしたコツさえ覚えれば、ケーキはとても上手に焼くことができます。 自分で作ったケーキは添加物もなく、安心安全。 皆様もおうちでケーキを焼いてみませんか? きっと何かいいことがありますよ!

My Dream 2
ドイツのおもてなしスタイルを伝えたい

ドイツ人がお手製のケーキを家で楽しむのは、たいてい午後のコーヒータイム。 ドイツでは午後のお茶の時間を「Kaffee trinken(カフェトリンケン)」といいます。 家族や友人の集まる週末には、大きなホールケーキを何種類か焼いて、おもてなしをします。 テーブルクロスをかけて、お花を飾ったり、キャンドルを置いたり。きれいにお皿とカップを並べて、ナプキンも添えます。 ドイツ人の義母はゲストを招くとき、テーブルクロスにビシッとアイロンをかけて、とてもキレイに飾りつけをしていました。

最初は、家でこんなにきれいにテーブルセッティングをするのかと驚きましたが、今はもう慣れて、私もそうします。 いらっしゃるゲストの顔を思い浮かべながらテーブルセッティングをするのは、私にとって、楽しい貴重な時間になりました。

ちょっとしたコーヒータイムでも、ゲストのことも考えてきれいにテーブルセッティングするというのは、ヨーロッパの昔からのおもてなし文化ではないでしょうか。 それが当たり前なので、子供たちも自然にテーブルマナーが身につくのです。

けして華美ではなくシンプルだけど、心のこもったおもてなし。 そのスタイルは、日本の忙しい主婦にも取り入れやすいと思います。

My Dream 3
素敵な女性になってほしい、
自信を持ってほしい

私はドイツ人の夫と結婚してから、ずっと専業主婦です。 外で仕事をしていないということから、専業主婦というと少し肩身の狭い想いをされている方もいらっしゃるかもしれませんね。 でも、私は一度もそんなことを思ったことはありません。 基本的に家にいることが好きな私にとって、専業主婦というのは、まさにぴったりの“仕事”だったのです。

結婚当初はドイツ語の学校に通い、夫のために料理教室にも通って、西洋料理の勉強をしました。 元々料理は好きでしたが、自己流でとても人様にお出しできるようなものではなかったからです。

夫の仕事の関係者や友人、家族など外国人を家でおもてなしするには、日本の家庭料理だけでなく、やはりきちんとした西洋料理とケーキを作ることができて、テーブルセッティングもして、自 信を持ってゲストをお迎えしたい、という意欲もありました。 そのために、子供が産まれてからも、時間を見つけては料理を習いに行き、教わったレシピを実践して、自己流のアレンジを加えるなど、私なりの努力を長年積み重ねてきたのです。

今では、何十人ものホームパーティーはもちろん、着席スタイルのちょっとかしこまった集まりでも、すべて私が料理を担当し、ゲストの皆様にも喜んでいただけるという自信があります。

そして、あるとき一人の女性から、 「先日食べたケーキが美味しかった。こういうケーキを焼ける女性になってみたい。ぜひ教えてほしい」 と言われたのです。 この言葉をきっかけに、「私の知識と経験を他の方にお伝えすることで、喜んでもらえることができるのでは」と気づきました。 それでケーキ教室を始めたのです。

私のサロンはそんな、料理やケーキを通じて自分を表現したい女性や、もっと自信を持ちたい女性に、ぜひ来ていただきたいサロンです。 自分で焼いたケーキを誰かが褒めてくれたら……。 それはとても嬉しいことです。 そして、あなたの評判が上がることは間違いなし!(笑) 「あの人、こんなに美味しいケーキが焼ける女性なのね」 と周囲の人に思ってもらえたら、ラッキー。あなたの魅力は間違いなくアップします。

プロフィール

ウィール 美恵
ドイツケーキ研究家/「クーヘン・ザローン 美恵」主催

国際結婚を機にドイツ人の義母から、ドイツの伝統的なケーキとドイツ式おもてなしスタイルを学ぶ。 その後、本格的にヨーロッパ各国のケーキを学び、その知識と経験を基に自宅サロンにてケーキ教室を開く。

Instagram Gallery
ケーキ&サロンギャラリー

@miewiehl

主催のウィール美恵が撮影した作品です。

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More

#クーヘンザローン美恵

教室に参加された方々が撮影したものをシェアしてます。

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More